WORKS

back
spacer spacer spacer spacer
物件名  中村メンタルクリニック
所在地 埼玉県朝霞市西原1-2-2(5F)
主要用途 クリニック(心療内科・精神科)
公式サイト http://nakamura-mental.jp
発注者 個人
用途地域 -
構造 -
階数 -
最高高さ -
最高軒高 -
前面道路 -
敷地面積 -
建築面積 -
延床面積 98.67平方メートル
設計期間 2014年10月8日〜2015年1月31日
工事期間 2015年2月1日〜2015年3月14日
担当 中佐昭夫、加藤雅哉
構造設計 -
設備設計 -
施工 アレンズクラフト
写真 矢野紀行


診察室・待合室・スタッフルームなど、クリニックの主要な7つの諸室を、7角形の部屋(パーソナルロビー)の周りに放射状に並べている。

窓に面した場所は診察室、エレベーターホールに近い場所は待合室、パイプスペースに近い場所はスタッフルームにするなど、7つの諸室は周辺環境や入居ビルの状況に応じて配置した。

パーソナルロビーはクリニック内の動線のハブであると同時に、7つの諸室同士のちょっとした緩衝帯にもなっている。例えば、診察室から出た途端に待合室の人たちと直面するのを防いだり、待合室から見て他人がどの部屋に向かったかを曖昧にする、といった効果を期待している。

パーソナルロビーの壁には緑化壁や曇りガラスを使い、緑や光をクリニックのあちこちから感じられるようにしている。また、床には少し毛足の長いカーペットを敷いて吸音させ、立ち入った人が一時だけ静けさを感じられるようにしている。

クリニックが入居しているフロアは駅前ロータリーに面したビルの5階で、東・南・西側への眺めが気持ちが良く、日当たりも十分にある。その恩恵が一番得られる窓際を診察室とし、閉じた空間で医者と患者が向き合う特有の緊張感を和らげようと試みている。

周辺環境や入居ビルの状況を生かし、プライバシーを守りながら、開放的で居心地のよいクリニックを作れないかと考えた。


−中佐昭夫−

Name of the Project : Nakamura Mental Clinic
Location : 1-2-2-5F Nishihara, Asaka Ctiy, Saitama
Category : Mental Clinic
Zoning use district : -
Structure : -
Number of stories : -
Maximum height : -
Maximum eave height : -
Frontal road : -
Site area : -
Building area : -
Total floor area : 98.67 m2
Design time : October 8, 2014 - January 31, 2015
Construction time : February 1, 2015 - March 14, 2015
Architect : Akio NAKASA(Principal Architect) , Masaya KATO
Photo : Toshiyuki YANO

Seven main functions such as consultation room, waiting room, staff room and others are placed surrounding a septagonal room called personal lobby. Seven rooms are placed in consideration of the ambient surrounding and conditions of the building; the room with window is for consultation, the room near elevator hall is for waiting, and the room near electric pipe shaft is for staff.

Personal lobby is a hub of traffic lines inside the clinic and, at the same time, a buffer zone to seven rooms. For example, by passing through the personal lobby, a patient can avoid facing other patients in the waiting room right after he/she comes out from the consultation room, or the whereabouts of a patient can be barred from the waiting room.

The walls of the personal lobby employ green living walls and opaque glass so that green and light can be seen and felt throughout the clinic. On the floor is deep pile carpet which absorbs the sound, so that when entered in the room, patients can sense the tranquility for a while.

The clinic is on the fifth floor of the building facing a rotary in front of a station. It has nice view on the east, south and west side and enough sunshine. The room, closest to the window and has the greatest benefit, is the clinic. This ambience is expected to loosen the unique tension which arises between the doctor and patient in a closed space.

Our aim is to make the most of the ambient surrounding and the conditions of the building to create an open and comfortable clinic which respects privacy of patients.

- Akio Nakasa -









back