WORKS

back
spacer spacer spacer spacer
物件名  natural salon Nous
所在地 東京都世田谷区松原2丁目24−7−1F
主要用途 美容室
発注者 個人
用途地域 -
構造 -
階数 -
最高高さ -
最高軒高 -
前面道路 -
敷地面積 -
建築面積 -
延床面積 34.00平方メートル
設計期間 -年-月-日〜-年-月-日
工事期間 -年-月-日〜2007年7月31日
担当 中佐昭夫
構造設計 -
設備設計 -
写真 ナフ・アーキテクト&デザイン


明大前駅の近くにある美容室。
エントランス左手に、店の内外にまたがって伸びる白いボリュームを置いた。

内に伸びる部分は休憩室で、オーナーの子供が下校後の時間をそこで過ごせるようにつくった。子供を連れたお客さんがきたら、その休憩室を待機場所にも使える。他方、外に伸びる部分は目隠し壁で、最初からそこにあって動かせない避難階段・給水タンク・ゴミ置場を覆っている。そして肝心のカットスペースは、白いボリュームの向こうの奥まったところに置いた。

つまり通常手前にあるカットスペースが奥にあり、通常奥にある休憩室・設備類が手前にある。それが実は、この美容室の性格をよくあらわしている。

「nous」の独立開業にあたって、オーナーと打合せをしていて印象的だったことが2つある。

1つめは、「独立の動機は仕事と子育てを自分のペースでやりたいから」と言っておられたこと。自分の店ならば、仕事中に子供が居ても差し支えないし、そういう店ならば、子供を連れたお母さんも来やすいはずだ。

2つめは、「店の入口にポンプやゴミ置場があるけども、ネガティブに考えず、むしろ自発的に掃除でもやるつもりです」と言っておられたこと。お客さんからしてみれば、そのせいでカットスペースが奥まっていても、逆に「外から丸見えにならない」という安心感も得られそうだ。

明大前にはたくさんの美容室がある。だがそういう風にお客さんや地域に接しようと構えている店は他に無いと感じた。道路から店の入口に「引き」があり、さらに奥に向かって細長い店舗形状は、オーナーの考えを実現するのにはおあつらえ向きだった、と言える。

−中佐昭夫−






back