WORKS

back
spacer spacer spacer spacer
物件名  FLAT FORM/ペントハウス−A
所在地 広島県東広島市
主要用途 専用住宅
用途地域 商業地域
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上6階部分
最高高さ -
最高軒高 -
前面道路 -
敷地面積 -
建築面積 -
延床面積 163.14平方メートル
設計期間 -年-月-日〜-年-月-日
工事期間 -年-月-日〜-年-月-日
担当 中薗哲也
構造設計 -
設備設計 -
写真 矢野紀行
受賞 2005年 GOOD DESIGN 賞 建築・環境デザイン部門入賞


最上階の大通りに面する側を、オーナーの住居として計画している。15.3m×11mのスペースのほぼ真ん中に、全長15.3mのガラスのトンネルを設け、その両側に諸室を配置した。このガラスのトンネルは、可動式の水平・垂直カーテンで覆われており、採光と通風を季節によって調整できるバッファーゾーンとして考えられているので、壁面にまったく開口部のない空間においても、十分な自然換気・採光が確保できるようになっている。またこの通路は南北方向に伸びているので、一日を通して一定した柔らかな光が得られる。

−中薗哲也−









back