WORKS

back
spacer spacer spacer spacer
物件名  Half & Half House
所在地 東京都世田谷区
主要用途 一戸建ての住宅
発注者 個人
用途地域 第一種低層住居専用地域、準防火地域
構造 木造
階数 地上2階
最高高さ 9.400メートル
最高軒高 6.207メートル
前面道路 西側5.45メートル、南側4.00メートル
敷地面積 80.01平方メートル
建築面積 47.15平方メートル
延床面積 79.83平方メートル
設計期間 2012年8月5日〜2013年10月27日
工事期間 2013年10月28日〜2014年3月30日
担当 中佐昭夫、天野徹平
構造設計 堀江聡/堀江建築設計事務所
設備設計 -
施工 縁建設
掲載 『JAPAN HOUSE MINI』 2015/9月発売 EQUAL BOOKS
『上質な住宅をつくるための既製品活用ガイド』 2015/8月出版 エクスナレッジ
写真 矢野紀行


この住宅は、以下A・Bの性格が異なる住宅を、半分ずつ合わせることで成り立っている。

A:陸屋根の住宅
南と西に接道する角地で、日当り・風通し・見通しがよく、それらを室内に取り込む水平連続窓と屋上バルコニー設けている。水平連続窓には透明ガラスを使っているが、通行人からの視線が気にならないように高い位置に設けている。
・外壁は水平性を強調する曲面とし、光のあたり方によって表情を変える磁器質タイル張り
・室内は天井の梁をあらわしにして、天井高さを確保し、リビング・ダイニング・個室を配置

B:切妻屋根の住宅
北と東に迫っている隣家に対し、型板ガラスを使った小窓で視線を遮りながら、必要採光と換気を確保している。
・外壁は周囲の住宅地にとけ込むように、一般的なモルタル金コテ+弾性塗料
・室内は天井高さを抑えつつ、天井内部に空調機や換気扇を納め、キッチン・浴室・洗面所・トイレ・小屋裏物置を配置

敷地は日当りがよい住宅街の角地だが、そこに立ってみると、角地の「出隅」と「入り隅」では、周辺環境から受ける印象がずいぶん違うことに気付く。出隅は南と西に接道して明るく開放的だが、周りから見られているようで、少々落ち着かない。一方、入り隅は北と東に迫る隣家の隙間に向かって後ずさりして、半ば隠れているような安心感があるが、圧迫感や暗さがある。

出隅・入り隅、それぞれの環境に対応したA・Bの住宅を設定し、それを半分ずつ斜めに合わせた。角地が何もない更地の場合、通行人が何気なく立ち入って、斜めにショートカットして通り抜けてゆくことがあるが、A・Bの住宅の合わせ目を設定するのであれば、そのショートカットラインとするのが自然ではないかと考えたからだ。

−中佐昭夫−

Name of the Project : Half & Half House
Location : Setagaya ward, Tokyo
Category : detached house
Zoning use district : -
Structure : Wood construction
Number of stories : 2 stories above ground
Maximum height : 9.400 m
Maximum eave height : 6.207 m
Frontal road : 4.00m on the south , 5.45m on the west
Site area : 80.01m2
Building area : 47.15m2
Total floor area : 79.83m2
Design time : August 5, 2012 - October 27, 2013
Construction time : October 28, 2013 - March 30, 2014
Architect : Akio NAKASA(Principal Architect) , Teppei AMANO
Photo : Toshiyuki YANO

This house consists of combining two different types of houses, A and B, evenly.

A: House with Flat Roof
It is located at a corner lot facing south and west, which is sunny, airy and has good view. Long horizontal windows and roof balcony facing the corner take advantage of these features of the lot. Transparent glass is used for horizontal long windows, but they are installed at higher level to avoid the sight of passers-by.
・ Porcelain tile finish exterior wall is curved to emphasize horizontality and gives different impression by the change of sunrays.
・ Interior ceiling is bare finish to gain height. Living and dining room and bedrooms are allocated.

B: House with Gable Roof
Small windows with figured glass block the sight of the neighbors who stand close on north and east side, and, at the same time, secure sunshine and ventilation necessary.
・ Exterior wall is finished by standard steel trowel finish mortar and elastic coating which blend in to the neighborhood.
・ Interior ceiling incorporates air-conditioning equipment and ventilator.
Kitchen, bathroom, toilet and attic storage are allocated.

The lot is located at a sunny corner in residential area. The impression you get from the surrounding differs by where you stand in the lot. Outside corner bordering south and east streets is sunny and open, but it feels slightly uneasy as it is too exposed.

Inside corner, on the other hand, retreats to the space between the neighbors on north and east who stand close, and it feels secure as it is hidden behind nearing houses but at the same time dark and oppressive.

House type A and B are planned to adapt to the surrounding features of outside and inside corners, and they are combined obliquely evenly. When a corner lot is vacant, passers-by would walk into the lot to cut a corner. The trail of cutting the corner of the lot seems appropriate to set the merging line of two different houses.

- Akio Nakasa -

















back